M1210と言えば、Vistaが出る前にDELLで販売していたノートパソコンです。

いまでも、現役バリバリで稼働中!

notepc

重たい処理をしなければ、必要十分な感じです。

流石に、スペック面ではまだ大丈夫でも、故障が心配になってきましたが・・・。

 

今までは、Windows8.1で使ってきましたが、無償ということも有りWindows10にアップグレードしてみました。

前もって、2ch等を見ながら、アップグレードをした際に躓きそうなところを調べておいてからアップグレードです。

なので、グラフィックドライバーで躓くのはわかっていました。

 

実際インストールすると、Windows Updateをするまでは表示がちょっとおかしいです。

もし、これからM1210をアップグレードするなら、OSのインストールが終了したらまずはWindows Updateをしましょう!

気をつけるのはそのぐらいで、あとは特に問題になるような所は無いはずです。

別途周辺機器をつけているのであれば、それらが対応しているかは調べる必要があります。

 

アップグレード後の使用感ですが、これといって特記することもないんですよね。

左下のスタートボタンが復活したのは、確かに使いやすいです。

Windows8を飛ばしてWindows10にするのであれば、この方が迷わなくて済むと思います。

Windows8はUIを変更しすぎでしたよね。

慣れちゃえば、そんなに使いづらいとは思っていませんでしたが、なれるまではかなり戸惑いました。

 

ただ、私がちょっと変わり者かもしれません・・・。

WindowsXPからWindows10の間に、世の中で駄作と言われているOSがあります。

それがWindows VistaとWindows8です。

個人的にですが、どっちのOSも嫌いじゃなかったりします。

上で書いたように多少なれが必要だとは思いますが、慣れればなんてことはないです。

 

さて、今回Windows10を入れたわけですが、いつまでM1210が動いてくれるでしょう。

サポート期限は2025年までみたいですが、それまで現役で動いてくれるかな?

上でも書いたように、大した事には使っていないので、文章作成やネットが出来ればとりあえずは十分なんだけどね。