桜のように華麗に!

日々の出来事を、更新しています

*

なぜ日本はiPhoneが人気なのかという記事を見て思うこと

   

スマホ使っている人で、iPhoneの割合で見ると、日本ってかなり特殊だそうですね。

たいていの国では、iPhoneよりAndroid末端のほうがシェアが多いのに、日本だけは逆だそうです。

まぁ、日本人は右にならえだって言う事なんていう人もいます。

僕もiPhoneを使っていますが、その理由とこの事の個人的な考えを書いてみようかな。

iPhone

 

 

まず、僕がiPhoneに機種変更したのは、周りがスマホスマホと騒ぎ始めた頃でした。

機種はiPhone4。

スマホにしたのは、早い方でもなく遅い方でもなくって時期だと思っています。

 

さて、iPhoneにする際に、Androidという選択肢は無かったのか?と聞かれれば、全くなかったと答えれます。

Androidはセキュリティ面や操作性で不安がありましたので。

今はどうなっているのか、調べていませんが、確かアップデートもOSメーカーでなくスマホのメーカーが用意しないと出来なかったはずです。

また、よくフリーズするや動作が遅いと話題に登っていました。

今のAndroidは、セキュリティ面はわかりませんが、操作性は良くなりましたよね。

 

そして、現在iPhone5を使っているわけですが、その機種変更の時にAndroidにする選択肢もありました。

もちろん、iPhoneを選択したわけですが、これには2つ理由があります。

  1. せっかく操作を覚えたのに、他を覚えるのが面倒だった。
  2. 購入したアプリがあるので、Androidに変更する事が出来なかった。

あ!3つ目はiPhoneに不満がなかったので、変更する意味が無かった。

3つに増えてしまいましたw

 

ただ、全部が全部iPhoneで満足というわけでも無いんですよ。

カメラの画素数だって、他のAndroidのほうが圧倒的に上でした。

おサイフ携帯や防水にも対応していて機能が上だと思います。

それでも、特に2番の理由で、Androidは考えられなかったです。

 

もし、今ガラケー使っていて、スマホに機種変更するのであれば、ほぼ間違いなくAndroidにすると思います。

もともとガラケーの時もカメラの画素数で機種を決めていたぐらいですから、iPhoneの画素数は不満です。

操作性も正直さほど変わらないかなぁって思っています。

 

自分のことを書いてみましたが、他の人だってそんなに変わらないと思いますよ。

なんといっても、初期の頃はiPhoneのほうが使っていて間違いがなかったのと、日本でAndroid末端の発売が遅れたのが現状につながっていると思います。

 

 - 雑記